Guitar player, Arranger, Song writer, 山口英次の、どーでもいいお話や情報など。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

R.I.P Lucie & Lindsay

2000年7月1日

Lucie Blackmanさんが殺害されました。

数日前 Lindsay Hawkerさんの死亡に関与するとされる人物が逮捕されました。


2000年にLucieさんがまだ行方不明だった頃、
千駄ヶ谷の駅近辺で彼女の情報を集める為のビラを配りました。
僕の友人達も協力してくれました。

それは、彼女は僕の友人(イギリス人)の幼なじみの娘さんだったからです。

その友人は当時、あるUK企業の日本支社長をしていました。
そんな経緯で彼が 幼なじみの娘さんの為にビラを配るというので参加させてもらいました。
ん~。。というか日本国民の自分は参加しなければならない と思ったのかも
しれません。

僕は両親の全面的バックアップを受け、18の時にアメリカに留学しました。
最初の数年は 見るもの 聞くもの 体験するものが 全て新鮮で楽しかったです。
毎日 ワクワクしていました。
ヨーロッパにも行きました。 色んな国を見て回る事で得る物は大きいです。

彼女達も同じ様な気持ちだったのではないかと想像します。
少なくともLucieに関してはその様に聞いています。
日本は安全だからというのも来日した理由の一つです。

僕はアメリカで危険な体験を何回かしましたが、今こうしてここにいます。

彼女達はもういません。

ここ数日、Lindsayさんの報道があってから 表現出来ない悲しみと憤りが
僕の心の中に渦巻いています。

無念だったと思います。 怖かったと思います。


さて、そして、その後、逮捕されたLucieの殺害犯はどうなったのでしょう?
一切わかりませんが。。。

Lindsayさんの件に関しても 容疑者の事を調べると Lucieの時と同じ様な
バックグラウンドがある事が容易に見えて来ます。
ネットに書かれている事が全て真実だとは思いません。

しかし、マスコミや警察又は国の対応等に疑問が残ります。
僕だけでしょうか?

こんなブログで僕が何を書こうと彼女達は生き返る事はありません。

ただ この様な事件を風化させてはいけないんじゃないかと思います。

Rest in Peace, Lucie and Lindsay...

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

2009-11-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

山口英次

Author:山口英次
風林火山

オンラインカウンター






Access Counter
Since Feb 2011

瞬間視力でドン

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。